悩みがあるなら「テレホン人生相談」を聞いてほしい!

 

こんにちは!CHICOです。

 

みさなん「テレホン人生相談」って聞いたことありますか?

ニッポン放送で月曜から金曜の午前11時から放送している長寿番組です。(一部地域では週1回)

 

実家に帰省したときに母が聞いていたのをたまたま聞き

がっつりハマってしまいました笑

 

相談内容は子供のことや恋愛など様々ですが

具体的なアドバイスをしてあげるときもあれば

身勝手な相談者には容赦ない言葉でお説教したりもします笑

 

相談内容は私の日常にはまったく関係のないことなのに

なぜか回答者の言葉が心に響くことがあるんですよね。

 

私は「テレホン人生相談」を聞いていて

迷いから抜け出すヒント(言葉)を何度か貰いました。

 

今日はそんな「テレホン人生相談」について書いてみたのでぜひ読んでくださいね!

 

出演者

 

パーソナリティ(聞き役・司会者)

  • 加藤諦三(社会学者)
  • 今井通子(医学博士)
  • ドリアン助川(作家・詩人・ミュージシャン)
  • 柴田理恵(タレント・女優)

 

回答者

  • 大原敬子(幼児教育研究科)
  • 三石由起子(作家・翻訳家)
  • 大迫恵美子(弁護士)
  • 中川潤(弁護士)
  • マドモアゼル愛(エッセイスト・占星術家)
  • 他数名

 

毎回、パーソナリティと回答者の組み合わせが変わります。

主に回答者がアドバイスをしますが

時々こぼれるパーソナリティのアドバイスもなかなか聞き捨てならないです笑

 

 

おすすめパーソナリティは加藤諦三先生

 

あなたが認めたくないものは何ですか?

どんなに辛くてもそれを認めれば道は開けます

 

このオープニングのコメントからもわかるように

心理学や哲学を専門とした先生で

いつも深い言葉を言ってくれます。

 

「人の悩み」についても研究されていて

多くの心理学の本も出されています。

 

私がよく放送で驚かされるのは

たった十数分しか話していない相談者の深層心理を見抜いてしまうところです。

 

問題の原因をスパッ!と言い当ててしまい

「え?そこが原因だったの!?」と驚いてしまう結末も多くありました。

 

そんな加藤先生ですが、非を認めた相談者には超優しい!

それを認められたあなたは素晴らしい。もう大丈夫です」と。

 

もう…そんなこと言われたら真面目に生きるしかないじゃん!

て感じです笑

 

また加藤先生は相談のシメに格言のような言葉をつぶやきます。

その言葉もこれまた私の心にガンガン響いてくれます。

 

そんな加藤先生の言葉をいくつか紹介しますね。

人生編

”起きたことはどんなことであれ、何かを教えてくれます”

 

”変えられないのは過去と他人、変えられるものは自分と未来”

 

”勇気とは不安がないことではありません、不安でも先に進むのが勇気です”

 

”人にしがみつかない、自分にしがみつく。それが腹を括るということです”

 

子育て編

”何故こんなことするの?と子供に言うのではなく、何故?と自分に訊いてください”

 

”子どもは競争に負けたときは後ろから抱く、競争に勝ったときは前から抱く”

 

”子供の心をより深く傷つけるのは、「出て行け」より「お母さん出て行く」です”

 

”母親にとって最も難しい仕事、自立していく子供を励ますこと”

 

勉強になりまーす!

 

 

 

おすすめ回答者は大迫恵美子先生

 

弁護士の大迫恵美子先生はとても冷静で品のある声ですが

言葉はドストレートです笑

 

夫に離婚を切り出されたがそれを回避したい相談者に

こうなったら元に戻るのは難しいと思いますよ。

ご主人はもうあなたを愛していませんよね

とスパッ!

 

時々、聞いてるこっちも

「あ、それ言っちゃった」と思うほどです笑

 

相談者にへんな期待をさせず

弁護士らしく客観的な意見をスパッと言う大迫先生。

カッコイイです!

 

心の奥では薄々わかっていたけど見ないようにしていた事実

をはっきり言葉にされ、最後は納得する相談者も多いです。

 

私も大迫先生のおかげで

「受け入れたくないことが起きても、まずは現実を直視しなければ進まない」

と教えてもらいました。

 

 

 

最後に

 

テレホン人生相談」が好きな方は

人の悩みを聞きたいというより

先生方の言葉に魅力を感じているんだと思います。

 

悩みがあっても人に相談なんてできない」と思っている方がいたら

ぜひ一度、聞いてみてほしいです。

 

相談内容と状況は違っても、なにか心に響く言葉が聞けるかもしれません。

 

そしてその言葉が、今の悩みを解決するヒントになるかもしれません。

 

気になった方はぜひ聞いてみてくださいね。

 

読んでいただきありがとうございました!