チームラボ☆ 学ぶ!未来の遊園地に行ってきました

 

こんにちは!CHICOです。

 

先日、娘と初めてららぽーと富士見の2階にある

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」に行って来ました。

 

アートアトラクション???と思いましたが

実際に体験すると納得できます!

 

一般的なキッズプレイルームとは全く違い、大人の私でも楽しむことができました。

 

そのときの感想や施設についてまとめてみたので

これから行く予定のある方や興味のある方はぜひ読んでくださいね!

 

チームラボってどんな集団?

 

チームラボ(teamLab)とは

東京大学大学院の学生を中心に活動を開始した、エンジニア・プログラマ・建築家・数学者など

さまざまな分野のスペシャリストから構成される

ウルトラテクノロジスト集団。

 

うー…ん。

よくわからないけど「すごい人達」なのはわかりますね笑

 

アート・サイエンス・テクノロジー・デザインの境界を曖昧にしながら

集団的創造をコンセプトに活動している方達だそうです。

 

大河ドラマ「花燃ゆ」のオープニングやミラノ万博2015の日本館も手がけたそうです。

 

施設紹介

 

共同的で創造的な体験=共創」をコンセプトに、共同的で創造的な人間になることをテーマにした教育プロジェクトです。

 

同じアート空間の中で自由に動き、互いに影響を与える体験を楽しむことで

日々を共創的なものに変えていければとの願いからうまれたプロジェクトだそうです。

 

現在は国内だけでなくアメリカ、イタリア、シンガポールなどに大人から子供まで楽しめる常設店舗を展開中です。

 

ららぽーと富士見店は国内第1号店で

アートアトラクション10作品を常設展示しています。

 

毎月プログラムが変わるワークショップも開催しています。

 

 

 

営業時間と料金

 

10:00〜18:00(最終入場 17:30)

ららぽーと富士見の営業日に準ずる

 

【時間制プラン】

最初の30分 お一人様500円(税込)

延長30分毎に500円

(再入場不可・自動延長)

 

【フリーパス】  

お一人様1200円(税込)

(営業時間中終日ご利用・再入場可能)

 

※両プラン共2才以下無料

※小学生以下の子どもの来場には保護者の同伴が必要

 

平日限定のマンスリーパスポートも2000円で販売されています。

平日のみですが1ヶ月遊び放題なので

平日に頻繁に来れる方はコチラがいいですね。

 

アートアトラクション紹介

お絵かき水族館

娘が一番食いついていたアトラクションです。

このようにさまざまな魚の形が書いてある紙に色や模様を書き

スタッフさんにスキャンしてもらうと

それが壁の大きなスクリーンで泳ぎだすというものです。

娘は魚に自分の名前を書いたので、なおさら愛着が湧いたのかもしれません。

違うところで遊んでいても、たびたび

お魚さん見てくるー!」と見に行っていました笑

 

お絵かきタウン

ここも「お絵かき水族館」と同様で

家や車の形が書いてある紙に色や模様を書き

スキャンしてもらうと、壁に映る街に自分の家や車が立体的に登場するというものです。

 

ここが「お絵かき水族館」と違うところは

自分が塗った家を立体的に作ることが出来る展開図がもらえるという点です。

 

うちは時間制だったので時間があまりなく、持ち帰って家で作ったんですが

娘はかなり喜んでいました。

 

小人が住まうテーブル

円形のテーブルの中が小人の世界になっていて、置いた手に小人が乗ってきたりといろいろな動きをします。

ときどき雨が降ったり燃え出したりもするので、娘は必死に小人を助けようとしてました笑

 

同じテーブル系では

つながる!積み木のまち」というアトラクションもあります。

大きな長方形のテーブルに家や山の形をした積み木を置くと、それに沿って突然道や川が現れる仕組みです。

実際に自分の手で街を作れるので

娘もあちこちに山を動かしては変化を楽しんでいました。

 

自分の動きによって映るものが変化するのは大人でも楽しめますね。

 

すべって育てるフルーツ畑

滑り台に映るフルーツが、滑ることにより変化します。

滑るとフルーツが割れて花になって広がるようなのですが、娘が滑るときはいまいちよくわかりませんでした。

スタッフさんが誘導してくれるのでぶつかる心配もなく安心ですね。

 

その他のアトラクション

つくる!僕の天才ケンケンパ

水に浮かんだ○△□に飛び乗って遊ぶケンケンパです。

横に設置されているタブレットで独自のケンケンパコースを作ることもできます。

娘はケンケンパが得意じゃないので1回しかしませんでした。

 

光のボールでオーケストラ

大小さまざまなボールを転がすとボール自体の色が変化し音も鳴ります。

たくさんのボールがそれぞれ綺麗に発色し、幻想的な空間でした。

 

小人が住まう奏でる壁

上でも紹介した「小人が住まうテーブル」の小人さんが壁の中を走り回っています。

上から「ニコニコの種」というのが落ちてきて、壁にくっつけた棒やキノコに当たると音を奏でます。

 

まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり

壁に映し出された象形文字に触れると、その文字がもつ世界が現れ物語が始まるというもの。

実は時間がなくバタバタと動き回っていたせいか、このアトラクションの存在にはまったく気がつきませんでした。

 

※アトラクションの内容・数は時期により変更される場合があります。

 

混雑状況

 

土曜日の1時頃に行ったんですが、受付には2組しか並んでいなかったので5分ほどで入場できました。

 

アトラクションもすべてすぐに参加できる状態で、お絵かきする席もところどころ空いていました。

 

混み合っているという印象はなかったです。

 

去年行かれた方のレポートには「かなり混雑している」とあったので

1年経って少し落ち着いてきたのでしょうか!?

 

晴れの日に行ったので、雨の日はもう少し混むのかもしれませんね。

 

 

 

注意点

 

中にはトイレがないので、入る前に行くようにしましょう。

フリーパスは再入場が出来ますが

時間制だと再入場できません。

 

うちの娘もそうですが、小さいうちは「トイレ大丈夫!」と言った10分後に「トイレ−!」となったりしますよね泣

 

また、時間制にする際に気をつけてほしいことがあります!

 

お帰り支度やお会計での順番待ちで退場時間が30分を超えてしまった場合でも自動延長になってしまいます!

 

混雑しているときは時間に余裕をもたせるか、フリーパスにする方が安心です。

 

最後に

 

初めてだったのでとりあえず時間制にしましたが…

 

30分じゃぜんっぜん足りない!!

 

魚や家に色を塗るのにも10〜15分かかるし

すべてが目新しいので子供も夢中になり、30分なんてあっという間です。

 

初めて行く方で時間に余裕があるならフリーパスをおすすめします。

1時間30分遊べば時間制よりお得になります。

 

ぜひ親子でデジタルアートの世界を楽しんでくださいね。

 

みなさんがお子さんと楽しい時間を過ごせますように!