娘が使っていたベビーサインをご紹介します

 

こんにちは!CHICOです。

 

昨日たまたま見た娘の赤ちゃん時代の映像に

娘がベビーサインをしている姿が映っていました。

 

当たり前に(生意気に笑)話す娘を見慣れているせいかとても懐かしく

また、子どもの成長ってほんと早いなーと実感しました。

 

娘はたった2つしか日常的に使えるサインはありませんでしたが笑

その2つだけでもとても役立ってくれました。

 

我が家のそんな思い出も含めて、今日は赤ちゃんと過ごすママにベビーサインをご紹介します。

 

ベビーサインとは

 

まだうまく話せない赤ちゃんと手話(ジェスチャー)を使って会話しようという育児法です。

 

1990年代にアメリカで生まれた育児法ですが、

今では日本でもたくさんのママやパパが実践してますね。

 

赤ちゃんがきちんと発生するのはとても難しいこと。

でも、指や手は比較的早くから自由に動かすことができます。

 

そのためベビーサインを使うことで、早い段階からママと赤ちゃんがコミュニケーションを取れるようになります。

 

始める時期は一般的に6ヶ月からと言われていますが

赤ちゃんの発達には個人差があります。

 

お座りができるようになり指差しがはじまれば教えることができるので

焦らず赤ちゃんのタイミングに合わせてあげましょう。

 

赤ちゃんによっては1才半までに50~70種類を使えるようになるそうです。スゴイ!

 

ベビーサインのメリット

ママと赤ちゃんのフラストレーションの低減

赤ちゃんだった娘が泣き続けていたとき

なんで泣くの?なにしてほしいの?」と

話せない娘に聞いていた思い出があります笑

 

きっと娘は「暑い!眠い!なんで伝わらないのー!」と癇癪を起こしていたのかもしれません。

 

自分が言葉の通じない国に住んだとしたら…と想像すると

赤ちゃんの気持ちに少し近づけるのかもしれませんね。

 

きっとフラストレーション溜まりまくりです。

 

ベビーサインでママに気持ちを伝えられるとわかれば

赤ちゃんはただひたすら泣く必要はなくなるかもしれません。

 

また日々忙しいママも、常に穏やかな状態で赤ちゃんの癇癪やグズりに対応できるとはかぎりません。

 

ひたすら泣かれ続けると「あ”ー!」となったりもしますよね(私だけ!?)

 

ベビーサインを使う赤ちゃんは泣くことが少ないと言われています。

ベビーサインでママと赤ちゃんの笑顔が増えるといいですね!

 

赤ちゃんの健康と安全に役立つ

痛い」「寒い」「暑い」などのベビーサインを使えるようになると

ママが気付けなかった赤ちゃんの不快感を知ることができ

赤ちゃんの変化にも早く対応できます。

 

また「熱い」「危ない」などのサインは

赤ちゃんの方からは使うことがなくても

わかってくれるだけで危険防止に繋がります。

 

赤ちゃんのコミュニケーション能力を育てる

ベビーサインが話し言葉の発達を促し、コミュニケーション能力を育てるといわれています。

 

またベビーサインをしていた子は、していない子に比べて語彙が豊富になるという報告もあります。

 

赤ちゃんはベビーサインを通して自分の気持ちをママにわかってもらえるので

うれしくてどんどんサインで気持ちを表現するようになります。

 

赤ちゃんがコミュニケーションそのものに対して前向きになれるのは素敵なことですね。

 

親子の絆が深まる

ベビーサインに関係なく、ママと赤ちゃんの絆が深いのは言うまでもありませんが

ベビーサインを通してお互いに理解しようとする時間は

その後の親子関係にとっても重要な経験です。

 

またちいさい手で一生懸命サインを送る姿は見ていて本当に可愛いです。

そのサインを受け取れたとき、さらに深い思いが湧いてくるかもしれません。

 

 

 

娘が覚えたベビーサイン

 

教えはじめたきっかけは、私が産後うつだったこともあり

会話を楽しみたい!」というよりも

ちょっとでも娘の要求がわかれば楽になれるかも!」という藁にもすがる思いでした。

 

気持ちが落ちていたので教室に通う気力もなく、本を買って自己流で教えていました。

 

でも、はじめにも書いたように娘が日常的に使えるようになったサインはたったの2つ!笑

 

その二つというのは

もっと」と「お水」です。

 

教えるときはママが言葉に出しながら生活の中で繰り返しジェスチャーするんですが

私自身もしっかり覚えていなくて

日常でとっさに出てくるのが「もっと」と「お水」でした。

 

また、教室に通わず本を見ながら教えたので

私のモチベーションも上がったり下がったりで

継続的に教えられなかったのもあると思います。

 

娘からは使いませんでしたが「おしまい」や「寝る」も私がサインを出すと理解してくれていました。

 

でも、たった2つですがこれがかなり役に立ちました!

 

次ではたった2つでも覚えてくれてよかったと思える出来事をご紹介します。

 

娘とのベビーサインでの会話

 

録画してある子ども番組が終わったあとに

もっと」とされたことがありました。

 

また同じ番組を流すとじーっと見ていましたが

もっと」とされなかったら「終わったね」と

テレビを消していたかもしれません。

そして娘に号泣されてママは抱っこ地獄!笑

 

もっと」はおやつの後に連発されることも多く

娘「もっと

私「おしまい

娘「もっと

私「おしまい

を繰り返していましたが

 

娘が泣きわめくわけではなかったので

実は娘もそんなやりとりを楽しんでいたのかもしれません。

 

お水」は私もこまめにあげていたつもりでしたが、ときどきサインを出して欲しがっていたので

私が思っていた以上に水分を必要としていたんですね。

 

なので娘から伝えてくれて本当に助かりました。

 

また、机にストローマグを置いていてもサインしてくるときがあり

もう自分で飲めるけど飲ませてほしいときもあったようです。

 

 

 

最後に

 

我が家はたった2つのベビーサインでも使ってよかったと思えるので

 

近くに教室もないし自分で教えるのは自信がないなぁ

というママでも気軽にはじめて欲しいと思います。

 

また今はネットや本などでやり方がたくさん出ていますが

その通りじゃなくても大丈夫ですよ。

 

娘が使っていた「もっと」と「お水」も本の通りではなく

娘流に変化したものでした。

 

ママとパパに伝わればいいサインなので型通りである必要はありません。

 

そしてなかなか覚えてくれなくても焦らないでくださいね。

 

絆を深めるためのベビーサインがママのストレスにならないよう

CHICOが2つなら私は3つ!」くらいの気軽さで良いんじゃないでしょうか笑

 

 

みなさんが親子で楽しい時間を過ごせますように!

 

産後うつだった11ヶ月間を振り返って思うこと

2018.11.09